Event is FINISHED

絶滅体験レストラン〜五感で味わうもう一つの未来〜

Description

《絶滅体験レストランとは》

「絶滅体験レストラン」とは、「絶滅」をイメージした料理・パフォーマンス・展示の3つのプログラムで構成される体験型イベントです。

「もし、食材の生き物たちが絶滅してしまったら?」
「もし、自分が出したゴミがどこかで生き物たちを殺していたら?」
「もし、地球から森がなくなってしまったら?」
「もし、人類だけが残った地球で食べるものは?」

このような、このままだと起こりうる環境破壊が進んだ先の未来を、絶滅した未来の食材を使ったコース料理や新進気鋭のパフォーマー達によるショー、WWFジャパン様の「#ANIMAL SELFIE」キャンペーンコラボ展示などで体験していただくレストランとなります。

《コンテンツ詳細内容》

①コース料理
▼食材がどんどん「絶滅」していく、そんな未来で実際に振る舞われる可能性のあるセンセーショナルなコース料理を提供致します。
多様性の消失による食材の選択の自由ができなくなるストレスを感じながらも、新しい食材の可能性を体験していただきます。


※コース料理内容は変更する可能性があります。予めご了承ください。
※料理の美味しさ、ビジュアルにはこだわったものをご提供致します。ご安心ください。
※今回のコース料理には、下記の食品が含まれています。アレルギーの方は、ご遠慮下さい。
「甲殻類」「卵」「乳製品」「小麦」

②新進気鋭のパフォーマーによるショー
▼絶滅していく動物、魚、虫達によるスタイリッシュかつ多様なショーをコース料理と共にお楽しみいただきます。
新進気鋭のパフォーマー達によって、生命の輝きや絶滅の悲しさを表現しながらショーをお魅せ致します。



③展示
▼WWFジャパン様の「ANIMAL SELFIE」というキャンペーンとコラボして、会場内に写真展示を行います。
ANIMAL SELFIEとは、動物たちのいま置かれている現状を 「セルフィー」というかたちで自らInstagram に写真を上げ、声を挙げるプロジェクトになります。



また、同じ展示ブースにて造形作家 志村リョウによる絶滅危惧種の動物たちの造形物も展示致します。



《チケット詳細》

・通常席チケット:10,000円
(通常10,000円分コース料理、ウェルカムドリンク、WWFジャパン様支援ステッカー)
※相席の場合があります。
※ドリンク代は別途料金。

・プラチナ席チケット:20,000円
(アップグレード15,000円分コース料理、ウェルカムドリンク、WWFジャパン様支援ステッカー、パフォーマー打ち上げ参加権利)
※相席の場合があります。
※ドリンク代は別途料金。
※打ち上げ代参加費は別途料金。

・VIP席チケット:120,000円
(通常10,000円分コース料理×最大5名様席、ウェルカムドリンク、乾杯用シャンパン1本、WWFジャパン様支援ステッカー、パフォーマー打ち上げ参加権利)
※最大5名様が座れる半個室となっており、ステージが一番観やすいお席です。
※ドリンク代は別途料金。
※打ち上げ代参加費は別途料金。


《メンバー紹介》

≪主催・主演≫
WoWキツネザル



マダガスカルに生息する、ワオキツネザルに扮した唯一無二のキャラクターで、インパクトのあるビジュアルと軽快なトークで魅せるエンターテイナーMC。
MCの他にも地球環境の保護や保全を伝える活動を精力的に行っている。

HP:http://wows.tokyo/
Twitter:@wowkitsunezaru_
Instagram:@amali_wowkitsunezaru

▼コース料理監修

≪料理プロデュース≫
森枝 幹



世界トップ10入りしたシドニーの名店「Tetsuya's」やミシュラン星付きの「湖月」で修行を積む。マンダリンオリエンタル東京の「タパス モラキュラーバー」や、屋台村「COMMON 246」(当時)への出店を経て2014年に「サーモン&トラウト」のシェフに就任。現在はシェフ業、食の雑誌『RiCE』の編集アドバイザーや「鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。」など他店のプロデュースを行い、多方面で活躍中。本イベントの料理の総合プロデュースを務める。

≪昆虫食プロデュース≫
篠原 祐太



1994年、地球生まれ。慶應義塾大学卒業。昆虫食伝道師として活動中。虫料理の創作・販売から、ワークショップ、執筆、講演と幅広く手掛ける。中でも世界初の「コオロギラーメン」は大反響を呼び、国内外で販売・完売を続ける。現在は昆虫料理専門店開業に向け準備中。狩猟免許や森林ガイド資格保持。モットーは『食は作業ではない、冒険だ』。本イベントの昆虫食、料理のプロデュースを務める。

▼出演キャスト

≪ダンサー・アートディレクター≫
Harris



クリエイティブチーム「YARAiDEKA」ダンサーズグループ「I PRIDE」にてアートディレクター兼ビジュアルメイキングを務め、モードパンクとアヴァンギャルドな世界観が特徴。本イベントのすべてのアートディレクションを手がけ、ダンサーとしても出演。

実績:asics CM振り付け / 紅白歌合戦 バックアップダンサー / 新光三越 主催ダンスコンテスト ゲスト審査員 / 東京コレクション モデル出演 / 東京ガールズコレクション ダンサースタイリスト / KING KONG MAGAZINE / FREE MAGAZINE etc...

≪ダンサー≫
ayumi



ダンサーとして多数の歌番組やメジャーアーティストのMVに出演。アーティスト専属ダンサーなども経験し、現在はダンス専門学校で講師も行なっている。本イベントでは、メインビジュアルのモデルとダンサーを務める。

≪イリュージョン・マジシャン≫
峰龍&Ririco



中学からマジックに興味を持ち、高校の際にはマジックの世界大会にて日本人最年少で優勝。大学ではミュージカルの道へ進む。マジックをより世界に広げるため活動の幅を広げ、年間500以上のステージを共にこなし、その経験と知恵、技術からくる数多くのレパートリーとともに、元ダンサーの峰龍&Riricoにしかできない日本最速のイリュージョンマジックが武器である。※今回はRiricoさんのみの出演になります。峰龍さんは演出を担当。

https://horyuririco.wixsite.com/horyu-ririco

≪ミュージカルキャスト≫

五十畑 佳澄 / 片岡 芽衣 / 小石川 茉莉愛 / さなえまん / SuZAN / 鈴木 美緒 / 髙木 デリス / 髙橋 みき / 滝 結衣音 / 谷 菜々子 / 遠山 美樹 /みさほ / 村田 智哉子 etc...※追加キャスト随時公開予定



ミュージカルプロジェクト「Out Of Theater」による、総勢20名の登録俳優達。Out Of Theaterは劇場を飛び出し、あらゆる公共空間、都市空間でミュージカルを実現することで、日本にミュージカル文化を根づかせたいといった想いのもと活動中。また、何気ない日常がエンターテイメント溢れる非日常空間に変わることで、表現に寛容な、遊び心ある社会を目指します。

公式Twitter:https://twitter.com/outoftheater
公式Facebook: https://www.facebook.com/outoftheater/

≪エアリアルダンサー≫




2歳よりクラシックバレエを学び、全国コンクールにて入賞歴もある。後にジャズダンス、ヒール、ポールダンス等も学び、現在はエアリアルティシューの講師、アーティストMVの出演や様々なステージで活動している。

≪DJ・音響≫
DJ U-TA



数々のドラマやCMに出演、またモデルとしてファッションショーに出演するなど、マルチな活動を続ける今最もアクティブなDJ。渋谷、六本木を活動拠点とし、DJ出演だけでなく海外トップアーティストのサブフロアのオーガナイズを担当し、自身のプレイスタイルはフロアとの一体感を重視した選曲を武器に、現場の最先端を突き進む注目度の高い若手DJ。本イベントのDJと音響を務める。

▼クリエイター

≪演出≫
山西 竜矢



ピンク・リバティ 代表/劇団子供鉅人 劇団員/ポロロッカ メンバー
俳優業の傍ら、独学で演劇・映画における脚本と演出について学ぶ。演劇ユニット「ピンク・リバティ」を始動し、2017年、映像監督として短編映像「さよならみどり」が第6回クォータースターコンテストにてグランプリを受賞。2018年9月、稲川悟史とともに映像ユニット「ポロロッカ」を結成。舞台・映像の垣根を超え、精力的に活動の幅を広げている。本イベントの総合演出を務める。

https://www.pink-liberty.com/next
http://www.kodomokyojin.com/
https://www.pororocapororo.com/

≪衣装製作≫
TOMO KOIZUMI




コスチュームアシスタント、スタイリストアシスタントを経て、千葉大学在学中より自身のブランドTOMO KOIZUMIを立ち上げる。女優や歌手からの支持も厚く、カスタムメイドのコスチュームを多く手がけている。本イベントの動物たちの衣装制作を手がける。

衣装提供:Lady Gaga / Bella Hadid / 富永愛 / 水原希子 / Perfume / 加藤ミリヤ / 吉田美和 etc...

http://www.tomo-koizumi.com/

≪クリエイティブチーム≫

YARAiDEKA

Harris、Katsuhiko Kuwamoto、Koki Uchikawaの3名によるクリエイティブチーム。

「絶滅体験レストラン」のアートワークを担当。

≪ヘアメイク≫
Katsuhiko Kuwamoto



沖縄県出身。アート、広告、映画、雑誌、web、アーティストのライブなどのヘアメイクをする傍ら、完全予約制のプライベートサロンameでも活動中。本イベントのメイク総指揮を務める。

http://katsuhikokuwamoto.com/

≪フォトグラファー≫
Koki Uchikawa



写真と映像を中心に、多彩な色合いと都会的なアプローチで挑戦的な作品を発表し続けているフォトグラフアーティスト。本イベントのメインビジュアルやパフォーマーたちの写真を手がける。

≪造形展示≫


地球で起きている ー 変化に興味を。森林伐採・大気汚染・温暖化・密猟による、「大量絶滅」に晒された生き物を見つめ、アートとデザインの両分野に軸足を置いた造形制作をしている。本イベントの展示を手がける。

http://shimura-ryo.main.jp/index.html

≪ヘッドピース制作≫
Asuka Kumada




2011年、自身のブランド「asuka kumada」を立ち上げる。 2013年武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 ファッションコース卒業。Asukaの持つ刺激や感覚を率直に表現しつつ他者との共感を模索し、また物体本来の美が人と接することでどう変化するのか、美的変化を探求している。本イベントの演者のヘッドピース制作を手がける。

https://asukakumada.weebly.com/ 

≪ロゴ・空間演出≫
目黒 水海



ロゴやフライヤーなどのグラフィックから、イベントの空間装飾まで、分野の垣根を超えてデザインするフリーランスデザイナー。「Out Of Theater」のロゴデザインや、“映画の世界を体感できる”参加型イベント「ROLE PLAYING CINEMA」の空間装飾など。本イベントのロゴ制作や空間演出を手がける。

▼プロデューサー

≪プロデューサー≫
菅波和也



浅草をトロリーバスで巡りながら観光と演劇を同時に楽しめるツアー「サムライ&忍者サファリ」の企画プロデュースや都市空間を活用したエンタメコンテンツ「Out Of Theater」の企画を行う。また浅草のエリアマネジメント組織にてマーケター及びプランナーに従事する。本イベントでは、アートクリエイションも担当している。

≪プロデューサー≫
広屋佑規



ミュージカルプロジェクト「Out Of Theater」発起。ストリートを歩きながらミュージカルの世界を体験できる「STREET THE MUSICAL」、映画の世界をロールプレイングする没入型t映画イベント「ROLE PLAYING CINEMA」企画プロデュース。Afro&Co.ディレクターとして、バスタブに浸かりながら映画を見る非日常イベント「BATHTUB CINEMA」日本初開催。

≪プロデューサー≫
江上 さくら



にんげんだいすき、巻き込みコーディネーター。(株)ADKクリエイティブ・ワンの最年少プロデューサーとして2019年にデビュー。「身近に感じられる支援のカタチ」をテーマにイベントやキャンペーンを実施。 女子美術大学生よりAdobeの情報番組『Creative Cloud道場』レギュラー出演等、日々クリエイターの魅力を発信している。

《ご協力いただく企業様》

≪後援≫
WWFジャパン様


WWFジャパン様は世界自然保護基金、World Wide Fund for Natureの略で、世界最大規模の自然環境保護団体である国際的NGOです。
この度、展示ブースで「ANIMAL_SELFIE」のお写真をご提供いただくのと、上記の支援ステッカーをリターンとしてすべての支援者にお渡しします。チケット代の中に支援ステッカー代を含めることで、このご支援はWWFの環境保全活動資金として、地球と動物たちのために活用させていただきます。

≪協賛≫
BugMo様


地球に優しいコオロギの養殖と、コオロギ由来の商品開発を進める。 ゲテモノとしてではなく、新たな食材としてコオロギを使った商品を提案していらっしゃいます。 現在はクリケットプロテインバー(抹茶味、チョコ味)を販売中。当日の体験ブースにて、プロテインバーをご協賛いただきます。

《イベント概要》

■イベント名
絶滅体験レストラン〜五感で味わうもう一つの未来〜

■開催日時
2019年4月20日(土)
昼公演:14:30〜17:00(14:00〜受付開始)
夜公演:19:30〜22:00(19:00〜受付開始)

■開催場所
カワイイモンスターカフェ(渋谷区神宮前4丁目31−10 YMスクエア 4F)
地下鉄 千代田線 明治神宮前駅 5番出口 徒歩1分
JR 原宿駅 表参道口 徒歩5分

■チケット
・通常席チケット:10,000円
(通常10,000円分コース料理、ウェルカムドリンク、WWFジャパン様支援ステッカー)
※相席の場合があります。
※ドリンク代は別途料金。

・プラチナ席チケット:20,000円
(アップグレード15,000円分コース料理、ウェルカムドリンク、WWFジャパン様支援ステッカー、パフォーマー打ち上げ参加権利)
※相席の場合があります。
※ドリンク代は別途料金。
※打ち上げ代参加費は別途料金。

・VIP席チケット:120,000円
(通常10,000円分コース料理×最大5名様席、ウェルカムドリンク、乾杯用シャンパン1本、WWFジャパン様支援ステッカー、パフォーマー打ち上げ参加権利)
※最大5名様が座れる半個室となっており、ステージが一番観やすいお席です。
※ドリンク代は別途料金。
※打ち上げ代参加費は別途料金。

■後援
WWFジャパン様

■主催
絶滅体験レストラン実行委員会

ーよくあるご質問ー


・公演は昼と夜の2回公演となります。
・購入後のキャンセルは受け付けておりません。予めご了承ください。
・チケットを購入されたお客様の中でアレルギーをお持ちの方は事前にご連絡ください。
・飲食の持ち込みは禁止させて頂いております。
・動画、写真撮影は全て問題ございません。SNS公開も可能です。フラッシュ撮影はご遠慮ください。
・安全性には配慮しておりますが、今回は一部過激な演出がございます。予めご了承ください。
・お子様は12歳以上を対象としております。

ー注意事項ー

・開催内容は、事前の告知なく変更する場合があります。内容変更に対してのチケットの払い戻しは一切行いません。予めご了承下さい。
・当日参加者用の駐車場はございませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。
・本イベントは雨天決行です(天災を除く)。また、出演者のキャンセル・変更に対してのチケットの払い戻しは一切行いませんので予めご了承下さい。
・実行委員会やメディア等による撮影が入り、イベントの様子が公式サイトやその他媒体で露出する可能性がございます。予めご了承ください。
※「絶滅体験レストラン」の商標は絶滅体験レストラン実行委員会が商標出願中です。

【本イベントに関する取材等のお問い合わせ】
絶滅体験レストラン実行委員会 担当:村上智洋
MAIL:contact@wows.tokyo

===== チケット購入者様へ =====
■当日スムーズにご入場いただく為、下記の準備を事前にお願いいたします。
[スマートフォンをお持ちの方]
"PeaTiX" アプリをダウンロードしてください。アプリ内には入場に必要なチケット(QRコード)がございますのでそちらを入場時にご提示ください。
- iOSアプリはApp Storeにて" peatix "で検索、または こちらからダウンロード!
- AndroidアプリはGoogle playにて" peatix "で検索、またはこちらからダウンロード!
(共に"PeaTiX for Orgnaizers"ではございませんのでご注意ください。)

[スマートフォンをお持ちでない方もしくはアプリをダウンロードできない方]
購入完了メール内の”ウェブで確認”より表示されるQRコードをご提示、あるいはQRコードが印刷された用紙を入場時にご提示ください。
==========

©1986 Panda Symbol WWF – World Wide Fund For Nature (Formerly World Wildlife Fund) ® “WWF” is a WWF Registered Trademark

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#422406 2019-03-31 05:10:29
More updates
Sat Apr 20, 2019
2:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
昼公演(14:30~17:00):通常席チケット(10,000円/1名様) SOLD OUT ¥10,000
昼公演(14:30~17:00):プラチナ席チケット(20,000円/1名様) SOLD OUT ¥20,000
夜公演(19:30〜22:00):通常席チケット(10,000円/1名様) SOLD OUT ¥10,000
Venue Address
渋谷区神宮前4丁目31−10 YMスクエア 4F Japan
Organizer
絶滅体験レストラン
27 Followers

[PR] Recommended information